読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんとともに

30歳で胃がんになった消化器内科医が胃腸クリニックを開業してからの想い

がん10年生存率

がん

こんにちは。

 

今日のニュースで、がん10年生存率のデータが更新された、とありました。

www.zengankyo.ncc.go.jp

 

振り返ってデータを見て思うことはいろいろあり、データはあくまでただの数字ですが、告知されてから手術前の時期は自分にどうあてはまるのかと考えていました。

 

たとえば「胃がん」の全症例の10年生存率は、67.3%とあります。

ただし当然進行度、ステージにより異なります。

 

ステージⅠ 93.9%

ステージⅡ 55.8%

ステージⅢ 38.1%

ステージⅣ 7.0%

 

ステージⅠの早期癌であれば9割以上の方が生存していますが、ステージⅣの進行癌であれば9割以上の方は亡くなっています。

しかしどちらも100%ではなく、0%でもありません。

ステージⅠでも亡くなっている方はいるし、ステージⅣでも生存している方はいます。

 

上記のHPにも書いてあるように、がんは不治の病から、つきあう病へ、治る病へ変化しています。

あくまで今まで治療された人のデータであり、自分のこれからの未来の数字ではなく、もちろん余命でもありません。

現在10年生存率が出ている人が10年前に受けた治療と、今まさにこれから受けようとしている治療は完全に同じかどうかは分かりません。

 

医師としては、癌になったひとが自分はどうなるのかと気にして見るデータではなく、癌になっていない人がどういう癌はタチが悪いのか、治りにくいのか、治療後も長年再発の危険性があるのか、といったことを知るためのツールにすぎない、と思います。

 

自分自身も、いろいろなことを考えながら、数字を気にすることなく、治療に臨み、術後を過ごしてきました。

もうすぐ今年の9月には、自分も術後10年を迎えます。

 

いつもと変わらず、家族とともに、仕事をしながら、その日が来ることを楽しみにしています。

そして次の10年に向けて、日々楽しんで頑張りたいです。